事業目的

臨床的疑問を臨床研究で解決できる医師、他職種連携をベースに医療機関全体の研究マネジメントによる研究の質(被験者保護と信頼性)の担保が可能な医師と医療従事者を育成し、 医療の質の向上のために医療機関の研究環境を整え、研究者を支援し、患者さんを守りつつ信頼性の高い結果を生み出すことを目的とします。

責任者挨拶

植田 真一郎
植田 真一郎

診療上生じるさまざまな問題の解決には、臨床的疑問に基づく、真の医師主導型臨床研究の実施が必要です。
このような背景の中、橋渡し研究拠点や中核拠点病院の設置といった、 医薬品の研究開発を目指す研究人材や体制が育成、構築されつつある一方で新たな治療法の 導入後に医療現場において生じる、臨床的疑問の解決に必要なスキルを備えた人材は不足しているという現状があります。

特に地域の医療機関では、診療を行いながら疑問解決スキルを身につける機会が少なく、 また仮にスキルを身につけ研究をはじめようとしても、研究と診療を両立することは容易ではありません。
そのため研究に特化した人材を雇用し、研究支援体制を十分に組むのは困難であるという問題があります。 地域医療の問題解決によるイノベーションの担い手は、地域医療に携わる医療従事者たちであり、 最も患者に近い診療の現場を反映した臨床研究こそが医療の質を担保します。
そして、質の高い研究を生み出すためには、なによりも医療機関全体での人材育成とその配置も含めた臨床研究のマネジメントを行うことが必要になります。

臨床研究とは丁寧な診療の集積です。
臨床研究を正しく行うためには、研究が適切に実施されているかのチェックも含めて医療機関全体、 多職種連携のもとで診療の一環として取り組む必要があります。

本プロジェクトは新たな大学院コース「臨床研究教育管理学」の設置や「インテンシブフェローシップ」開講、 病院内の「臨床研究教育管理センター」の開設による研究教育支援により、これらの課題の解決を図ります。
臨床的疑問を臨床研究で解決できる医師、多職種連携をベースとした医療機関全体の研究マネジメントによる 研究の質(患者さんの保護と信頼性)の担保が可能な医師と医療従事者の育成を目的としています。

平成29年度

プロジェクト推進委員

所属機関 氏名
琉球大学大学院医学研究科 研究科長 石田 肇
琉球大学医学部附属病院 院長 藤田 次郎
臨床研究教育管理センター長 植田 真一郎
光学医療診療部 診療教授 外間 昭
循環器・腎臓・神経内科講座 教授 大屋 祐輔
皮膚病態制御学講座 教授 高橋 健造
女性・生殖医学講座 教授 青木 陽一
耳鼻咽喉・頭頸部外科学講座 教授 鈴木 幹男
医療情報部長 藤田 次郎
看護部長 大嶺 千代美
事務部長 熊谷 圭司
病態検査学講座 血液免疫検査学分野 教授 福島 卓也
薬剤部長 中村 克徳
副薬剤部長 外間 惟夫
寄生虫・免疫病因病態学講座 教授 岸本 英博
沖縄県立中部病院 院長 本竹 秀光
社会医療法人友愛会 豊見城中央病院 院長 新垣 晃
社会医療法人仁愛会 浦添総合病院 病院長 福本 泰三
沖縄県立北部病院 院長 知念 清治
沖縄県立 南部医療センター・こども医療センター 院長 佐久本 薫
沖縄県立 宮古病院 院長 本永 英治
沖縄県立 八重山病院 院長 依光 たみ枝
先進ゲノム検査医学講座 教授 前田 士郎