お知らせ

-Announcement-

第2回東京慈恵会医科大学-琉球大学
臨床研究ワークショップを開催しました

開催日:2015年3月7日(土)-3月8日(日)
場所:カルチャーリゾート フェストーネ(沖縄県宜野湾市在)

2日間にわたり、東京慈恵会医科大学-琉球大学 臨床研究ワークショップを開催しました。

1日目では、はじめにICEBREAKINGとして「臨床研究総論」が実施されたあと、ワークショップとミニレクチャがおこなわれました。ミニレクチャでは、浮かんだリサーチクエスチョンから研究仮説・PECOまでの決定法や研究デザイン法・研究計画の作成法について学びました。ワークショップではそれをもとに、各グループが研究計画書の作成をおこないました。

2日目では、全グループが研究計画について発表をおこない、講師・チューターとともにディスカッションをおこないました。

第2回琉球大学-東京慈恵会医科大学
共催シンポジウムを開催しました

開催日:2015年3月6日(金)
場所:カルチャーリゾート フェストーネ

第2回目となる、琉球大学-東京慈恵会医科大学共催シンポジウムを開催しました。

 シンポジウムでは、はじめに琉球大学および東京慈恵会医科大学の臨床研究人材育成に向けての取り組みが紹介されました。

次に、東京慈恵会医科大学・琉球大学・沖縄県内の医療機関より、実際に臨床研究に取り組まれている各先生方に、ご自身の研究での経験や、研究体制における課題などをお話いただきました。

JMP® 勉強会を開催しました

開催日:2015年2月16-18日(月-水)

場所:琉球大学 基礎研究棟1階 ME機器セミナー室

講師:安富祖 仁(北海道大学工学部知識メディアラボラトリ)




安富祖仁先生をお招きし、統計における仮説検定の概要とJMPを用いた
データ解析についてご講演いただきました。

勉強会は3日間行われ、1日目では、生存時間解析について、具体的な計算例を
交えながら検定法の概要を中心にご講演いただきました。

2日目では、JMPのインストールからJMPを使った基本的な解析を行い、
JMPの操作方法を学びました。またJMPを使用した多変量解析について、
主成分分析(Principal Component Analysis, PCA)などの具体的な解析方法と
解析における注意点を学びました。

3日目では、実データを用いたJMPでのデータ解析を行い、実践的なトレーニングを
行いました。

キックオフミーティングを開催しました

開催日:2014年12月11日(木)

場所:琉球大学医学部 基礎研究棟1階



臨床研究マネジメント人材育成プロジェクトの推進委員会によるキックオフミーティングを開催しました。

はじめにコースディレクターの植田先生よりプロジェクトの詳しい説明が行われました。 特に学外の委員の先生方からは、医療機関ならではの臨床研究を進めるうえでの課題やプロジェクトへの要望などのコメントを直接うかがうことが出来ました。

勉強会を開催しました

開催日:2014年11月25日(火)

場所:琉球大学 基礎研究棟1階

講師:近藤直樹(国⽴病院機構東京医療センター臨床研究・治験推進室)
   山口拓洋(東北⼤学⼤学院医学系研究科 医学統計学分野)




国立病院機構東京医療センター、東北大学から近藤先生と山口先生をお招きし、
「新指針対応へのポイント」、「コントロール(比較対照)」についてそれぞれ
ご講演いただきました。

前半の近藤先生によるご講演では、臨床研究と各指針の現状から用語の解説、さらに
新指針の基本方針について詳しくご説明いただきました。

後半の山口先生によるご講演では、比較対照をテーマに臨床研究における重要性や、
コントロール選択法について、実際の例を交えてお話いただきました。

第6回臨床研究フォローアップワークショップ
を開催しました

開催日:平成26年年11月20日(木)13:00-18:00

場所:琉球大学医学部臨床研究棟1階 大学院大セミナー室

講師: 植田真一郎(琉球大学大学院医学研究科臨床薬理学講座 教授)
    森本剛(兵庫医科大学内科学総合内科 教授)
    作間未織(兵庫医科大学内科学総合内科 講師)




現在臨床研究を実施している医療従事者の方々を対象に、第6回臨床研究フォローアップワークショップを開催しました。

前半では全受講者が各自の実施している研究について、研究の概要からはじまり
現在抱えている課題について、20-30分にかけて発表しました。

後半の20-30分では、講師の先生方による解説、アドバイスをいただきました。

「臨床研究の信頼性保証について」・
「ICH-GCPを学ぼう」講演会を開催しました

開催日:2014年10月24日(金)

場所:琉球大学 臨床研究棟1階 大学院セミナー室

講師:ACRP日本支部代表 筒泉 直樹




ACRP日本支部代表の筒泉直樹先生をお招きし、臨床研究における信頼性保証と、
ICH-GCPについて、2部に分けてご講演いただきました。

第一部の「臨床研究の信頼性保証について」では、グループディスカッションを通して、研究の組織体制について学びました。 グループディスカッションでは、参加者の皆様の業務環境を振り返り、職場での品質の管理体制を確認しました。 また、必要とされる
臨床研究における組織体制をディスカッションを交えながら学びました。

第二部「ICH-GCPを学ぼう」では、国際的な規制当局の関係等の背景を元に、
ICH-GCPを把握することの意味について解説していただきました。 また、実際に
GCPと見比べながら、相異点の確認と国際的なスタンダードに対応した研究を行う
際の注意点を学びました。

「先進医療について」講演会を開催しました

開催日:2014年10月14日(火)

場所:琉球大学 臨床講義棟1階 小講義室

講師:国立がん研究センター・JCOG運営事務局 金戸 啓介




JCOG運営事務局の金戸啓介先生をお招きし、先進医療制度下での臨床試験について
ご講演いただきました。

はじめにJCOGの機構と試験について、また課題を踏まえながら、今後の展望について
お話いただきました。
次に、先進医療の制度について、実施状況等も交えながらご説明いただきました。
さらに先進医療B下でのJCOG体制の改善点や、今後薬事制度、医療保険制度に関する
知識の共有と 医療施設内の体制構築の必要性について学びました。

「第14回CRCと臨床試験のあり方を考える会議」にて出展しました

開催日:2014年10月4日(土)ー5日(日)

会場:アクトシティ浜松




「第14回CRCと臨床試験のあり方を考える会議」にてブース展示をしました。

臨床研究マネジメント人材育成プロジェクトの設立背景や特徴をはじめ、臨床研究教育
管理学講座や臨床研究インテンシブフェローシップの募集内容を展示しました。
展示期間は多くの方に興味をもってお立ち寄り頂き、盛況の内に終了することが
できました。
ご来訪いただいた皆様、誠にありがとうございました。

出展ポスターは こちら
配布した資料は こちら

臨床研究マネジメント人材育成開講に伴う記者会見のお知らせ。


この度、琉球大学における臨床研究マネジメント人材育成のための事業が
決定いたしました。
それにともない下記の日程にて記者会見が実施されます。

開催日:2014年9月10日(水)13時-

申請書はこちら(PDF)